バストアップ サプリメント 副作用 危険性

知っておきたいサプリの副作用の怖さ

あなたはバストアップしたいと思っていますか?

 

バストアップができたらあなたの人生は大きく変ります。

 

バストアップを始めたが、表面には出てきませんが、バストについて悩んでいる女性があまりにも多いのに、成功していないという事実があります。

 

 

1・バストアップ教材を買って試してみたが、まったく効果がなかった。

 

2・バストアップサプリを購入したけど、体に合わないのか体調が悪くなってしまった。

 

3・サプリメント、バスト体操、など色んなバストアップに挑戦したが効果なしで疲れてしまった。

 

4・市販のものでは効果がないので豊胸手術をしたいが、副作用が怖い。

 

でも安心してください。

 

正しいバストアップの知識と方法、そしてバストアップ成功のための、正しい「条件」さえ知れば、今までに得られなかった、バストアップ効果を体感できるでしょう。

 

バストアップしたあなたの生活を想像してみてください

 

◯ これからは、堂々と街を歩けます。

 

◯ 銭湯や温泉も胸を隠してこそこそ入ることもなくなります。

 

◯ 男性からも、今までにない視線があなたの胸に注がれるのを、感じることができるでしょう。

 

 

そのためにはバストアップの正しい知識と実践を学ばなければいけませんね。

 

◯ 胸の大きさに関係する女性ホルモンとはどのようなものなのか。


◯ どうして胸じゃなくて他にお肉や脂肪がつく理由とは何でしょうか
◯ 良質な睡眠はバストアップに大きな影響があることをご存知ですか?
◯ バストは寝てるうちに垂れ下がりますのでそれを防ぐ姿勢とはどんなものか?
◯ 揉むと胸は大きくなる?などと言われるマッサージ方法は正しいのか?
◯ あなたは、バストアップに良いブラジャーを正しく着用していますか?
◯ あなたは胸を大きくする食べ物がどんなものなのか知っていますか。
◯ バストアップに効果があるサプリメントどんなもんがいいのでしょうか。
◯ 最後は絶対に成功する必勝のバストアップ!教えます。

 

もしも、あなたがバストアップに成功して、理想のバストを手に入れることができたら、あなたは計り知れないメリットを得ることができるのです。

 

でも、その方法が間違っていたらバストアップは成功しません。

 

 

バストが大きくならない原因そのものを放置したままだったら、バストアップは成功しません。残念ながら理想のバストになるまでには長い道のりが必要になってしまいます。

 

 

バストアップに必要なことは知識だけではありません。

 

 

正しい知識に基づいてバストアップに取り組み、精神的にも、理論的にも、体の内側からバストが成長できる環境を整えなければ、バストアップは成功しません。

 

 

あなたが、今までいろいろなバストアップにチャレンジして見ても、思うようにバストが大きくならなかった方の場合、ほかに何かいい方法はないか?とにかく新しいものや変わった方法に飛びついてしまいたがる傾向がありますが、乳腺マッサージだけではバストは大きくできませんし、体の根本を無視してバストアップに成功する事はできません。

 

 

重要なことは、バストアップの方法ではなくて、あなたの体系や生活習慣、体質、などの精神面や体の内面からバストアップする方法を身に着ければ、あなたは必ず、理想のバストを手に入れることができるのです。

 

 

そして、バストアップは間違った方法や、成分によっっては副作用が起こる成分がありますので、正しい方法を知りバストアップのためのサプリメントやクリーム、ジェルなど成分の性質をよく知って、副作用には注意して実践することが大切です。

 

 

バストアップをするためのバストやからだの正しい構造

 

 

 

バストの構造は上記のように、複雑な構造をしています。
基本的な構成は

 

◯ 乳腺
脂肪
クーパー靭帯
大胸筋
肌・皮膚

 

このようにおおきく分けますと5つのパーツによって作られています。
5つのパーツに、女性ホルモン、血液、リンパ液などによって、これらのパーツがコントロールされて、理想的なバストを作るようにできています。

 

 

ですからこれらのパーツやコントロール要因がお互いに連携して、形を作っているのですが、一つでも組織やコントロールシステムに異常が起きると、バランスが崩れて形の良い理想的なバストを作ることができなくなるのです。

 

 

乳腺の役割と構造

 

乳腺とは、字の通り母乳を作るために必要な組織です。

 

 

この乳腺が、バストの形に大きくかかわっていることは、よく知られています。

 

 

では、なぜ乳腺がバストアップに関係があるのでしょうか。

 

女性が妊娠しますと、子供のための母乳をたくさん生産しなければいけないという指令が脳から乳腺に送られます。すると女性ホルモンが今までとは比べものにならないくらい多く分泌されます。バストアップに必要な女性ホルモンが乳腺に働きかけることによって、乳腺が大きくなり、バストに脂肪がつくからです。

 

 

母乳をたくさん作るためには、乳腺は欠かせないものですから、妊娠しますと乳腺がどんどん大きくなり、それに伴って大事な乳腺を守るために乳腺の周りに脂肪がつきます。
つまり、上の比率から、乳腺の大きさが2.0倍になると脂肪の量も2.0倍になるということです。

 

 

このことかお分かりただけるように、バストアップのためには、女性ホルモンが乳腺に働きかけることによって大きくなるのです。

 

 

脂肪の役割と構造

 

バストの脂肪は、乳腺の周りに乳腺の組織を守るためにつくものですので、乳腺脂肪と呼ばれています。ですから、乳腺が発達すれば脂肪も自然についてきます。

 

 

でも、脂肪が乳腺に強固な結びつきでついていればいいですが、もんだり、上向きに寝たりしますとほかの場所に移動しやすくなります。このような脂肪がバスから移動しないようにするのがブラジャーの役割なのです。

 

 

 

バストの脂肪が背中やお腹に流れないように睡眠時もナイトブラをするようにしましょう。

 

 

また、脂肪の性質として大事なことは、脂肪は強くもんだり、マッサージをしたりしますと燃焼が促進されて、バストアップするどころか、逆に小さくなってしまうことがありますから、バストの脂肪の燃焼を防ぐためにも、正しいバストアップマッサージをするようにしましょう。

 

 

クーパー靭帯の役割と構造

 

クーパー靭帯とは、バストが重力によって下へと下がるのを靭帯というひものようなもので、吊りあげている役割をしています。

 

 

靭帯は、体の動く部分などではどこでも存在していますが、バストの靭帯は、脚の靭帯のような強力なものではなく、ちょっとした刺激で傷みやすい器官です。

 

 

さらに、困ったことに一度クーパー靭帯が切れてしまいますと、自然に修復されることありません。

 

 

クーパー靭帯はこのように、とても繊細な構造ですから、極端に言えば普通に歩くだけでもクーパー靭帯が傷むとまで言われていますので、クーパー靭帯の劣化を防ぐためにも必ずブラジャーをするようにしましょう。

 

当然、寝ている時でもバストは、寝ているほうに移動しますから、クーパー靭帯が傷みますので睡眠中のナイトブラは必ずしたほうがいいでしょう。

 

 

クーパー靭帯の不思議

 

「乳房をきれいな丸い形に保つのに重要な役割をもっているのが、ご存じ"クーパー靭帯"と呼ばれている組織です。クーパー靭帯は、コラーゲンを主成分とした硬い結合組織ですが、足とか手にあるような強靭なものではなく非常に繊細な構造をしています。

 

 

乳房は胸部の皮下にある皮下筋膜の浅葉と深葉の間にあります。クーパー靭帯はその両者をつなぎ、乳腺組織や脂肪組織が脇に流れないようにしています。

 

 

乳房は大胸筋というおなかの上あたりにある筋肉の土台の上にのっていますが、この大胸筋と乳房は、ぴったりと密着しているわけではなく、後ろに乳房後隙というやわらかい結合組織がある空間が存在します。

 

 

ちなみに、乳房以外の場所、たとえばおなかや背中にもこの「皮下筋膜の浅葉と深葉の間」には脂肪があります。浅葉と深葉をつなぐ結合組織のネットワークが存在してその間に皮下脂肪が入るところとなります。

 

 

クーパー靭帯は、からだの皮下のどこにでもある結合組織が乳腺を容れるために特殊な形に変化したものなのです。

 

 

クーパー靭帯は、ほかの体の部位にある靭帯と異なり、一本一本が独立して存在するのではなく、網状ですき間を埋めるように存在しています。

 

 

この膜状の靭帯により乳腺組織や脂肪組織は支えられ、乳房の丸みを包み込むようにして保護し、美乳の形を作っているのです。

 

 

靭帯は筋と違って伸び縮みするものではなく、ある一定の距離を同じ長さに結ぶ構造です。ですから、加齢によって伸び足り縮んだりはしませんが、クーパー靭帯が体の変化によって無理やりに引き延ばされたてしまう時期があるのです。

 

 

女性なら誰でも起こる生理現象ですが、バストが大きくなる"思春期"と"授乳期"は、乳腺の細胞や水分が増え、乳房の内容量が増えるので、クーパー靭帯もその大きさに付いていくために引き伸ばされてしまうのです。

 

 

大きくなる時は、靭帯が引き延ばされて大きさに対応できますが、ではもし小さくなったら、それに伴って靭帯も縮小するので消化?

 

 

そうなれば、バスアップなどと騒ぐこともないのですが、実はクーパー靭帯はコラーゲンが主成分なので、残念ながら一度伸びたり断裂したら、元の長さに縮んだり、元の状態に戻ることはない構造なのです。

 

 

このような構造から、妊娠しますとどんな女性でも母乳を生産するために、お乳が大きくなり乳腺も大きくなってきます。子供さんを生まれた方なら経験されたことでしょうが、妊娠と同時にAカップがCカップになったということになりますが、出産しますと、母乳も必要がなくなり、バストの機能も衰えて、だんだん小さくなって、元の大きさに戻ってしまいます。

 

 

バストを構成している脂肪と乳腺が小さくなっても、靭帯は元の大きさに戻ることがないのですね。すると、靭帯が伸びたままですから、バストを吊り上げることはできなくなり、バストが垂れ下がってくるのです。

 

 

出産されてない方には、そのようなことは起こりませんが、妊娠出産の経験のある方は、バストのたれ下がりに悩んでしまうのですね。

 

 

加齢変化による原因で靭帯が伸びてしまい、バストも自然に下垂してしまうこともあります。

 

 

加齢は、バストだけではなくて、体全体のいろいろな組織の水分やコラーゲンが不足してきますから、二の腕やおなかがたるむように、バストのクーパー靭帯も結合組織のひとつなので、エイジングとともに、伸び、損傷を受けます。バストの内容量は変わらないのに、クーパー靭帯が伸びてしまうことが、バストの"下垂"の一因となっています。

 

 

クーパー靭帯や周辺の筋肉や脂肪、乳腺などが加齢によって次第に伸びてしまうことを食い止める方法は今の美容技術ではありません。

 

 

基本的なエイジングケアとしては、体の全体の組織が水分不足にならないように血液をきれいにして、多くの酸素や栄養が体全体にいきわたるようにすることが、老廃物を除去して若々しい体をいつまでも保つことができるのです。

 

 

バストには血流やリンパがよくいきわたるように、あまりきつすぎるブラジャーをつけない、お風呂にゆっくり入る、ストレスを溜めない、など血流をよくするための一般的な習慣も、バストに血管が多くあることを考えれば、バストアップ効果はあると思います。

 

 

このようにバストの美乳を長く保つには、クーパー靭帯とても大切な役割を持っていることがお判りいただけたと思います。

 

 

今あなたにできる、バストのエイジングケアは、クーパー靭帯を少しでも伸びないようにする努力をするしかないようですね。

 

 

クーパー靭帯はあなたが思っている以上に、繊細で壊れやすいものです。歩いてバストが揺れただけでも靭帯が伸びてしまうともいわれていますから、外出や仕事、そして睡眠などでもバストブラをつけることが、クーパー靭帯が伸びるのを遅くすることができるでしょう。

 

 

大胸筋の役割と構造

バストのちょど真下のある筋肉が大胸筋と呼ばれていますが、この大胸筋がクーパー靭帯と共にバストを支え、下に落ちてしまうのを防いでくれています。

 

 

でも、大胸筋は普段の生活ではほとんど使わない筋肉ですので、意識して鍛え大胸筋が衰えないようにすることが、バスアップのは大切なことです。

 

 

バストアップ体操などでは、大胸筋を鍛える方法もありますので、バストアップ体操や筋トレで意識的に鍛える習慣を付けましょう。

 

 

肌や皮膚の役割と構造

 

肌に潤いがなくなり、乾燥肌になったりして劣化が進んできますと、バストにハリがなくなり、バストの位置もどんどん下がってしまいます。

 

ただ、どんなにお手入れをしていても、加齢による肌の劣化は誰でも進んできますので、ある程度の加齢によるバストの下垂は防ぐkとはできませんが、肌の手入れをしている人とそうでない人では、大きな差が出てきますのでいろんな方法で肌の衰えを防止するとよいでしょう。

 

 

以上、簡単にバストの構造と役割を考えてきましたが、これからあなたがバストケアー、バストアップなどに挑戦される場合に、今やっていることが、バストにどのような効果を与えているのか、そのパーツがどんな役割をしているかわかることで、きちんと意識しながらバストケアをするのと、何も考えずただマニュアルにあるからしているというのでは効果が違ってきますね。

 

 

バストアップする方法としてバストアップ サプリメント

 

 

バストアップ サプリメントの副作用について

 

 

バストアップサプリメントには、「プエラリア・ミリフィカ」という植物の成分が含まれているサプリですが、通常分泌されている女性ホルモンに加えて、サプリメントで女性ホルモンのような働きをする成分「プエラリア・ミリフィカ」を摂取することでバストアップの補助的な役割をします。

 

 

プエラリア・ミリフィカという成分は、女性ホルモンとよく似た働きをするということで知られていますが、これを摂取することによって、脳から女性ホルモン様なものが分泌されているから胸を大きくしなさいという指令が送られるのです。

 

 

プエラリアなどの植物性女性ホルモンの成分によって、本来の女性ホルモンが分泌しやすくなるわけではありません。

 

 

本来の自然に分泌されている女性ホルモンの場合は、体調などによって分泌が変わることがあっても、常に分泌されていますから、バストアップ効果は持続していますが、プエラリア・ミリフィカなどでバストアップを目指している場合は、それらを使用するのをやめることによって、バストアップ効果もなくなってしまうのです。

 

 

ですから、やめてしまえば元のバストサイズに戻ってしまう可能性が大きいのです。

 

プエラリア・ミリフィカの摂取に関する注意

 

国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所の「健康食品」の安全性・有効性情報によると 、「 ヒトにおける安全性については、有害事象として乳房痛、膣出血、イライラや頭痛、吐き気、嘔吐などが認められたという報告がある。」とされており、「プエラリア・ミリフィカを含むサプリメントの摂取によって一定した女性ホルモン様の作用が期待し難く、また、デオキシミロエストロールやミロエストロールが多量に含まれる製品の利用により重篤な有害事象を受ける可能性を示唆している。従って、妊娠中・授乳中・小児によるプエラリア・ミリフィカを含むサプリメントの利用は避け、女性ホルモン関連の医薬品の服用者や治療を受けている人も、自己判断で安易にサプリメントを利用することは避けるべきである。」とされています。

 

なお、原産国であるタイでは更年期の女性のための民間薬として長年利用されてきており、有効とする報告が複数みられますが、若い女性がバストアップ等の目的のために使用することに関する安全性、有効性の報告はほとんどみられません。
また近年、動物試験で、プエラリア・ミリフィカの投与により乳腺や子宮内膜の異常増殖が認められ、乳腺の発がんを促進したとの報告が出てきています

 

主な危害事例

 

【事例1】通信販売で女性らしい体型になるという健康食品を定期購入し、初回分を飲んでいると大量の不正出血が起こった。この健康食品が原因とは思わずに飲み続けていたが、病院に行くと、子宮内膜が厚くなっているとのことで、健康食品との因果関係は分からないが飲まないよう言われた。返品したいと言うとコース代金でなく単品価格で買い取ってもらうと言われたが納得いかない。
(2016年11月受付、被害者:福岡県、女性、30歳代)

 

 

【事例2】
高校生の娘がモデルのブログを見て、バストアップやダイエットのサプリメントに興味を持ち、定期購入で契約。サイトには5回目以降は連絡ひとつで休止でき、90日間全額返金保証と書かれているが、契約日から5カ月以上経過している。生理が2カ月も遅れていて心配。(2016年6月受付、被害者:滋賀県、女性、10歳代)

 

【事例3】
ブログサイトのバナー広告からサプリメント販売サイトにアクセスし、最低購入回数4回の定期コースを申し込んだ。服用を継続したところ、生理が止まってしまいサプリメントの服用をやめたら体調は回復した。
(2016年5月受付、被害者:群馬県、女性、30歳代)

 

【事例4】
バストUPとスリムUPを同時にかなえるというサプリを定期購入したところ、全部飲み終わらないうちにバストに発疹が出てきた。医者の治療を受けたが、ホルモンが増え乳腺症が起きているので飲用を止めるよう指示された。
(2015年11月受付、被害者:長野県、女性、20歳代)

 

以上  独立行政法人 国民生活センター 資料より引用

 

女性ホルモンの分泌とバストアップサプリの副作用

 

女性ホルモンの分泌を盛んにすればバストは自然に大きくなってくるということはお分かり頂けたと思います。では、どうしたら女性ホルモン分泌を盛んにすることができるのでしょうか。

 

 

サプリメントでタイ産のプエラリアが、今多くのバストアップサプリに含まれていますが、このプエラリアは、体の中に入ると女性ホルモンと同じような分泌する働きをしますので、ある程度効果が期待できます。

 

 

しかし、このサプリメントは思わぬ副作用が起こることがあります。
本来女性ホルモンは体の必要に応じて、体が自然に調整しているわけですが、プエラリアを口から取り入れて女性ホルモンを強制的に分泌させる作用がありますが、そのため副作用が起こることがあります。

 

 

内分泌撹乱作用という自覚症状などはありませんが、この作用が不妊症の原因になる場合があるともいわれていますから、過剰に取り続けると不妊ばかりではなくて、あなたの体調を崩してしまうことにもなるのですから怖いですよね。

 

 

 

では、どのようにしたら効率よく副作用もなく女性ホルモンを出すことができるのでしょうか?

 

女性ホルモンの分泌を促す前に、まずは、あなたの体の中内たまった老廃物や長い間につもり積もった毒素を穂移出しなければいけないのです。

 

 

なぜかといえば、老廃物や毒素は、女性ホルモンの分泌を妨げる働きがありますので、それらの不要なものを体から排出すれば、女性ホルモンを分泌する働きが活発になってくるのです。

 

 

例えば、食事をする場合でも、どんなに栄養素の高い食べ物を体の中に取り入れても、体の中に老廃物や毒素がたくさんたまっていれば、栄養は吸収されません。

 

 

また、毒素で血液も汚れてしまい、血液が汚れると体全体にその汚れが配られることになり、バストだけではなくカラダ全体に悪影響を与えます。

 

 

女性ホルモンには、黄体ホルモンと呼ばれるエストロゲン、さらにプロゲステロンの2種類がありますが、どちらのホルモンも食物やサプリとして取り入れても腸で吸収されて、門脈から肝臓に入って分解されてしまうため女性ホルモンを増加させることはできないのです。

 

 

女性ホルモンを直接体内に吸収する方法として、効果があるとされている方法は、膣坐薬や膣ジェルなどに加工されたもののみが今のところ効果をあげているとされています。

 

 

プエラリア配合のバストアップクリームは副作用がある?

 

プエラリアは一般的には、女性ホルモンの分泌を活性化させる効果があるといわれていますが、プエラリア自体が女性ホルモン様の作用をするといってもいいでしょう。

 

 

ですから、体の中で自然に生産されている女性ホルモンとの相互作用により、バランスが崩れて月経不順や不正出血、肌荒れなどの問題が起こることもあります。

 

 

女性ホルモンに関わるため、バストアップ効果は高いのですが、その分、副作用に悩まされることもあると頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

 

独立行政法人国民生活センターの調査によりますと、イソフラボンやプエラリアの過剰摂取にによる副作用や弊害について調査していますが、大豆イソフラボンやプエラリアの過剰摂取で「嘔吐おうと、腹痛、下痢などの「消化器障害」や、発疹、じんましんなどの「皮膚障害」が多い中、「その他の傷病及び諸症状」に分類されるものも多く、その内容をみてみると、月経不順あるいは不正出血といった月経に関する健康被害が多くみられました」との調査報告があります。

 

 

早くバストを大きくしたいと思い、既定の量よりも以上に多くの豆乳を飲んだり、間違えた摂取方法によりあなたのバストアップどころか、健康まで影響を当てえてしまうというになりますので、補助食品は適量、用法を守って使用することをお勧めします。

 

 

プエラリア配合のおすすめバストアップクリーム

 

公式サイト:効果実感率95%!バストケアジェルCellnote
公式サイト:PEACH JOHN BEAUTY【ボムバストクリーム リッチ】
公式サイト:満足度97%!バストクリーム「クレセール」

 

バストの脂肪を増やす成分と副作用

 

 

プエラリア配合のおすすめバストアップクリームは女性ホルモンに働きかけるものですが、最近、バストの脂肪に働きかけて、脂肪を増やし脂肪を蓄積する効果がある成分で、バストのボリュームアップに効果があるとされているのがボルフィリンというものです。

 

 

ボルフィリンの作用で増えた脂肪は、簡単には減ることがないといわれていますか、入浴後バスト人使用してバストの血流やリンパの流れを良くしてくれますから、一度大きく育ててればその大きさを保ちやすいということです。

 

ボルフィリン配合のクリームを使用するときの注意

 

ボルフィリンはプエラリア配合のバストアップクリームにくらべて、バストアップ効果が高いとのことですが、注意しなければいけないことは、脂肪を増加させる効果がバストのみならず、ほかの部分でも効果がありますので、間違ってバスト以外のところに使用した場合に、アンダーバストやデコルテなどにも伸ばしてマッサージしてしまうと、そこにも脂肪がついてしまう可能性があります。

ボルフィリン配合のクリームは、バストのみに使用しましょう。

 

 

ボルフィリン配合のクリームは、プエラリアのように副作用などは全くありませんので心配ですが、手などでクリームをしようしてそのままにしておきますと、手の脂肪細胞が増殖してしまうことがありますので注意が必要です。

 

 

 

 

ボルフィリン配合のおすすめバストアップクリーム

 

公式サイト:効果実感率95%!バストケアジェルCellnote
公式サイト:PEACH JOHN BEAUTY【ボムバストクリーム リッチ】
公式サイト:LaChouChou(ラ・シュシュ)

 

バストにハリとつやを与えるクリームの成分

 

バストにハリとつやを与える美容成分は、ほとんどのバストアップクリームやジェルに含まれています。バストや、体に潤いを与えて、張りとつやを与えてくれます。

 

 

成分は、よくご存じのコラーゲン、プラセンタ、スクワラン、ヒアルロン酸などが配合されています。

 

コラーゲンは元々体内でも生成できる成分なのですが、年をとると生成する力が減ってきてしまいます。

 

コラーゲンはハリや弾力に関わる成分でもあり、バストを支えるクーパー靱帯の主成分ですから、バストのハリやつやにはもちろん、バストの下垂防止のためにも重要な成分ですから、下垂が気になってきた方は、コラーゲン配合のものを選んでみて下さい。

 

バストの下垂が気になってきた方は、コラーゲン配合のものを選ぶことをお勧めします。

 

 

 

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。